SFC修行5-③ バンコク観光 「ワット・ポー」と「ワット・アルン」




はじめに

バンコクでタイらしい観光をしたいと思い、バンコクの三大寺院である「ワット・ポー」「ワット・アルン」に行きました。

補足

2018年3月末にUberが東南アジアから撤退したため、現在主な配車アプリサービスはGrabです。

トゥクトゥクにチャレンジしようと思ったのですが、ガイドブックにある目安価格がUberと同じか割高。どうせ価格をふっかけられるので、交渉の必要がない冷房の効いたUberを選びました。

プルーンチット駅周辺のJWマリオットホテルバンコクから出発。163.28THBでした。安い!

【JWマリオットホテルバンコク宿泊記】ホスピタリティが高く、お気に入りのホテルになりました

2018/03/21(水)

寝釈迦仏が鎮座するワット・ポー

さすが観光地、車がたくさん、ひとがたくさんいます。人種も色々、世界中から訪れる場所なんだなぁと感じます。

入り口を入ると、女の子たちが踊りを踊っていました。

色鮮やかな陶器片で飾られた仏塔を見て、回廊を回ります。

大本命の寝釈迦仏。ここでは仏堂に靴を抜いで入ります。想像以上に大きくてキラッキラです。仏堂いっぱいに横たわっている姿はまさに荘厳。

まずは顔が見えます。少し微笑んでいるような、リラックスした表情。

ちなみに人がたくさんいて混雑しているので手荷物は要注意です。

でかい、圧倒的にデカいです。足は修復中でした。

裏手に回ると、たくましい肩。

背中側の通路に、お坊さんが托鉢に持ち歩く応量器がずらーっと並んでいます。1枚ずつ硬貨をこの器の中に入れることが、仏教徒として徳を積む修行のひとつなんだとか。迷わず実践します。

さっそく20THBで硬貨に交換。

仏教徒ではありませんが、徳を積む修行はしたいです! 金属の器なので、硬貨を入れると音が響きます。1枚ずつ入れるらしいのですが、硬貨が圧倒的に多いので、半分以降はテキトーに握りしめて数枚ずつ。

こんなおおざっぱでも修行になったかな。

暁の寺、ワット・アルンへ

寝釈迦仏の裏手にある出口を出ると、ワット・アルンへ向かう船の桟橋に近いです。入り口に看板があります。

途中にフルーツやタイパンツ(100THB)がたくさん売っていました。パジャマに買えばよかったとちょっぴり後悔。

船は片道4THB。出向直前の船は私が最後の乗客。乗る前からすでに動き始めている!なんとか飛び乗りました。海外っぽいです(笑)。

船の中では小さな大物を発見。

5分くらいで対岸に到着です。ワット・アルン!

まずは2体のおおきなヤック。

本堂の中は、壁がキラッキラです。

本堂。釈迦座像の顔はラマ2世が彫ったと伝えられているとか。そして台座にはラマ2世の遺骨が納められています。

そして大仏塔!高さ67メートル、とっても大きいです。色の鮮やかさと、タイっぽさと、近くで見たり遠くで見たりを繰り返しました。美しい!!

有名観光地なので日本人もたくさんいました。

一人で来ている人はほぼいなかったけど、一度は見てみたかった場所。行ってよかったです。硬貨1枚ずつではなく数枚ずつ入れたけど、徳が積まれていますように。

SFC修行5-②バンコク散策 格安マッサージ「THE TOUCH(タッチ)」と一軒家レストラン「TUMMY YUMMY(タミーヤミー)」

2018/03/22(木)

SFC修行5-④ バンコクでシミ取りクリーム「デラニン」購入と地元民でにぎわう「バー・ミー・コン・セーリー」へ

2018/04/01(日)

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ

にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください