【ザ マジェスティックホテル クアラルンプール宿泊記②】朝食とクラブラウンジを紹介!




ザ マジェスティック ホテル クアラルンプール オートグラフコレクションに宿泊しました。

1930年代に建設された、英国風のコロニアル様式。

国家遺産に登録されている、由緒あるホテルでもあります。

マジェスティックホテルの朝食とクラブラウンジをご紹介します!

ホテルやお部屋の様子はこちら☟

【ザ マジェスティックホテル クアラルンプール宿泊記①】コロニアルスイートのお部屋を紹介!

2018/09/30(日)

朝食はコンタンゴ(Contango)

コロニアルスイートでは、朝食はレストランor部屋食が選べました。

私は、レストランを選びました。

コンタンゴ:6:30-10:30

ヌードルバー。この日はミーゴレンでした。

デニッシュ系やヨーグルトはショーケースに入っています。

おかゆもオーダー式。

私の食べたもの。

マジェスティッククラブラウンジ

クラブラウンジは、マジェスティックウィング(旧館)のレベル2にあります。

クラブラウンジ

  • オープン:7:00~23:00
  • アフタヌーンティ:15:00~17:00
  • イブニングカクテル:17:00~19:00

ラウンジ内はあまり広くはありませんが、3つの部屋に分かれています。

常時揃っているコーヒー、お茶、ソフトドリンク、お茶など。

チェックアウト後のアフターヌーンティにお邪魔すると、デザートを持ってきてもらえました。

飛行機の到着が遅かったこともあり、イブニングカクテルは利用できませんでした。

次回の楽しみにとっておきます。

マジェスティックウィング内

マジェスティックウィングにあるコロニアルカフェ。

マジェスティックウィングのエレベータのすぐ隣。

昼間はアフターヌーンティでにぎわっています。

アフターヌーンティもディナータイムもジャズの生演奏があります。

夜にはレストランにも。

バーカウンター

マジェスティックウィングのエントランス

ここを出ると、テラスでもアフターヌーンティをやっています。

こちらは満席ではなかったです。

ホテル内のアフターヌーンティより、当日に行っても空いている確率が高いかもしれません。

もちろん生演奏つき。スコールが降っても、傘を重ねてくれます。

おわりに

マジェスティッククラブラウンジでお茶をしていると、新郎新婦とブライズメイドが写真を撮っているのが見えました。

現地の人にとっても格式高いホテルのようです。

アフターヌーンティは3か所+テラスがありますが、ホテル内はすべて満席でした。

オシャレした女子会や、セレブの集まりなどに見えました。

アフターヌーンティは予約必須です。

コロニアル様式のホテル、特にマジェスティックウィング(旧館)の滞在は、大人女子の心を大きくくすぐるものでした。

今度は、外に出ることなく、ホテル内の滞在を楽しみたい、そんな風に思えるホテルでした。

【ザ マジェスティックホテル クアラルンプール宿泊記①】コロニアルスイートのお部屋を紹介!

2018/09/30(日)

【ル メリディアン クアラルンプール宿泊記】KLセントラル駅直結、アクセス抜群のホテル

2018/09/25(火)

海外のレストランを日本から無料・席のみ・日本語で予約する方法

2018/06/22(金)

東南アジアの冷房は寒い! 寒がりさんは完全防備で行きましょう!

2018/05/10(木)

【JWマリオット・ホテル・クアラルンプール宿泊記】はじめてのJW、高級感あり。

2018/03/09(金)

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください