SFC修行を解脱してからSFC(スーパーフライヤーズカード)到着までの流れ。SFC/プラチナカードが届く前は上級会員として扱われる?




2018年3月、SFC修行を解脱。

ANAのプラチナステイタスになりました。

SFC修行の真の目的はSFC(スーパーフライヤーズカード)を発行すること!

解脱してもまだ終わりではありません。

プラチナステイタスに到達してから、SFCカード到着までのタイムスケジュールをまとめました。

また、プラチナカードやSFC(スーパーフライヤーズカード)到着前に、海外旅行に行く機会がありました。

カード現物がなくても上級会員として対応してもらえるのか、ドキドキしながら体験してきましたよ。

ANAプラチナステイタス到達からSFC(スーパーフライヤーズカード)到着までの流れ

ANAの事前サービスがスタートしたのは4月2日。

事前サービス日を1日目ととらえ、どれくらいの時間がかかったのか検証しました。

4月2日以降に解脱する方は、プラチナ到達の翌日が事前サービススタート日です。

日付 事前サービス開始からの日数 動き 
3月半ば プラチナステイタス到達
4月1日夜 0日目 アプリの画面がプラチナに変わる
4月2日朝 1日目 SFC申込書を申請
4月9日 8日目 SFC申込書が到着
4月10日 9日目 SFC申込書を投函
4月11日 10日目 プラチナカード到着
4月21日 20日目 SFC到着

 

4月1日夜(0日目)アプリ画面がプラチナに変わる

4月2日が事前サービススタートですが、前日の1日夜、アプリが変わっていました。

ただし、SFCの申し込みはできず。

 

4月2日朝(1日目)SFC申込書を申請

SFCへの切替は、ネットでは完結できません。

SFCが発行される流れはこのようになっています。

  1. ネットor電話でSFC切替申込書を申請
  2. 申込書が郵送で到着
  3. 申込書を郵送
  4. 審査ののちSFC発行

つまり、自分で申込書を申請しないとはじまりません! 

SFC修行を解脱して、1日ホッと一息ついたら翌日にはすぐ申請してしまいましょう。

ANAのマイレージクラブHPから、SFC申込書を申請します。

電話より手っ取り早いのは、マイレージクラブのサイトから。

右上オレンジの枠内のサイト内検索から、「SFC 申し込み」と入力。

もしくはこちらのリンクからどうぞ。スーパーフライヤーズカード入会申込書を申請する

必要事項を入力して申請。

4月9日(8日目)SFC申込書が到着

首を長くして待っていた申込書が届きました。

 

4月10日(9日目)SFC申込書を投函

記入欄は驚くほど少ないので、パパっと書けますよ。

翌日にすぐ投函しました。

4月11日(10日目)プラチナカードが到着

プラチナカードが到着しました。

これでANA以外のスターアライアンスに搭乗しても、堂々とラウンジに入ることができます。

4月21日(20日目)SFC到着

待ち焦がれていたSFCがついに我が家に到着です!

とっても光り輝いていました。

スーパーフライヤーズカードは、事前サービスが開始してから20日目申込書を投函してから11日後に到着しました。

思っていたより早い発行です。

プラチナカード/SFC到着前の海外旅行はプラチナとして扱われる?

2018年4月上旬、プラチナカード/SFC到着前に上海へ行ってきました。

プラチナを証明できるのは、ケータイアプリのデジタルカードのみ

せっかくプラチナに到達したし、上級会員として搭乗したい。

証明書になるプラチナカード/SFCがないと上級会員として通用しないのではないか、いちいちデジタルカードを見せる必要があるのではないかとドキドキしていました。

羽田空港 ANAビジネスカウンターでチェックイン

往路の羽田空港、すでにプラチナステイタスだし、堂々とビジネスカウンターでチェックインしました。

デジタルカードを見せる必要があるかと思って準備していましたが、必要なかったです。

航空券の予約を、プラチナに到達してから予約ステイタスを変更する旨の電話をしていたのでスムーズでした。

ステータスの変更電話、これ大事ですね。

そして何より嬉しかったのが、航空券にANAラウンジと「PLT」の文字が。

ジーンとしました。

この後、ラウンジでも搭乗の際もデジタルカードを見せる必要はありませんでした。

プラチナカード、SFCがなくても上級会員としてANA便に乗ることができました。

プラチナのデジタルカードを見せたのは上海虹橋国際空港のチェックイン前だけ

上海の復路でプラチナのデジタルカードを見せる機会がありました。

それは、ビジネスカウンターに行く前のセキュリティの人。

エコノミーのカウンターは行列ができていましたが、ビジネスカウンターはガラガラ。

颯爽とビジネスカウンターに向かおうとすると、

「ビジネスクラス搭乗ですか?」

とセキュリティの人に聞かれたため、デジタルカードを見せて、無事通過しました。

その後、ラウンジでもデジタルカードを見せる機会はなかったです。

ANA便に乗る際は、プラチナに到達していれば、カードの有無をあまり気にしなくても良いかもしれませんね。

おわりに

SFC修行解脱からSFC(スーパーフライヤーズカード)到着までの流れでした。

私の場合、SFC(スーパーフライヤーズカード)はSFC修行を解脱し、

  • プラチナ事前サービスがスタートしてから20日後
  • 申込書を申請してから11日後

に到着しました。

申込書をいち早く申請し、すぐ投函すればSFCは早く届きます。

ただ、プラチナカードやSFCがなくても上級会員としての待遇は受けられますので安心ですね。

ANA「プラチナ」と「SFC(スーパーフライヤーズカード)」の違いって何??

2018/04/18(水)

足元ゆったり飛行機の非常口席。窓側にするか、通路側にするか、乗り比べてみた

2018/05/14(月)

2019年GW特典航空券、ついに発券しました!香港&台湾へ

2018/05/24(木)

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください