東南アジアの冷房は寒い! 寒がりさんは完全防備で行きましょう!




はじめに

年中常夏、熱帯地域の東南アジア。私が旅行したことがある国はマレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム、シンガポール。

暑い国々だけど、なんていったって冷房が寒い

平均体温が35℃台の私は寒くてたまりません。ガイドブックに書いてある防寒対策、ストールや薄手のカーディガンだけでは正直足りない。

外の暑さと屋内の寒さ、気温差で体調を崩さないよう、東南アジアへの旅は、冷房に弱い方や体温の低い女性は完全防備で行きましょう。

東南アジアの冷房がききすぎている理由

東南アジアってなんであんなに冷房ガンガンなのでしょう。理由は諸説あるみたいです。

  • キンキンに冷やすことがおもてなし
  • 湿気対策
  • 昔、エアコンを持っていること=お金持ちの象徴だった

どれが理由だとしても、寒がりさんや女性にはかなりきつい寒さ。せっかくの旅先で、温度差を理由に体調不良になるなんてもったいないですね。

東南アジアで冷房がききすぎているのはこんな場面

日本人と東南アジアの人は体温が違うのか、どこに行ってもキンキンに冷えています。旅行に行く場面で出くわす特に寒いスポットはこちら。

①長距離バス

体温が高く暑がりの欧米人でさえブルブル震える寒さ。

②タクシー、Grab

言えば温度を上げてくれますが、基本設定が極寒です。

③ホテルのクラブラウンジ

欧米人はノースリーブ、日本人の私は長袖を3枚着ているなんてことはザラです。じっと座っている、ビールなど冷たいものを飲んでいるとだんだん寒くなってきます。

こちらのホテルの滞在でもラウンジでフリースを着ていました。

【ホテル・ストライプス・クアラルンプール・オートグラフコレクション宿泊記】人があったかいホテルでした

2018/03/14(水)

④レストラン

ホテルのラウンジと同じ。たくさんの人が出入りするため元々温度は低いです。じっと座っていると寒くなってきて、外に出ると暖かくて体がほぐれる、そんな経験はしょっちゅうです。

⑤空港ラウンジ

こちらもレストランと同じ。多くの人が出入りするので基本の温度設定はかなり低め。じっと座っていると底冷えするところが多いです。

⑥ショッピングモール

外から入って数分は涼しいのですが、しばらく経つと寒い寒い。薄手のカーディガンではもの足りません。足首手首を温めたくなります。

⑦マッサージ屋

マッサージ屋さんもじっとしているので、寒さをかなり感じます。寒くて寝れない、マッサージに集中できないなんてことがないように、寒いときは寒いと言ってタオルなどをかけてもらいましょう。

東南アジアにはフリースを持っていこう

超寒い東南アジアには、フリースを持っていくことをオススメします!

私は東南アジアに行く際は毎回ユニクロのフリースを持って行っています。そしていつも大活躍。使わないときの方が珍しいです。

ちょっとかさばりますが、寒さには代えられません。なんたって暖かさはピカイチ。

レストランなど外に持ち運ぶのはかさばりますが、ホテル内の朝食のレストランやクラブラウンジにもって行く分には手間じゃないですよね。

 

もしかさばることが気になる方はウルトラライトダウンを。

フリースほど暖かくはありませんが、コンパクトになるので持ち運びに便利です。

あと、パジャマは長袖長ズボンをオススメします!

部屋の温度を調整できるホテルでも、半袖でちょうどいい温度だと少しムシっと湿気を感じ、少し温度を下げると寒い。そんなことありませんか?

それに古いホテルだと、冷房がオンオフしか調整がきかなかったり、部屋の温度を調整してもホテル自体の冷房が寒かったりと、思った通りに行かないことも少なくありません。

おわりに

寒がりさんや体温の低い女性は、東南アジアに行かれる際はぜひフリースやウルトラライトダウンなど、暖かい防寒具を持って行ってもらいたいなと思います。

ノースリーブの人たちの中で着るのは少し恥ずかしいかもしれませんが、体調を崩すよりマシです。

個人的には、東南アジアの中でも一番マレーシアが寒いような気がします。モコモコソックスなんかも重宝しますよ。

パビリオン@クアラルンプールのマッサージ「オリエンタル・シグネチャー」の行き方。フロアガイドに載ってないので超穴場。

2018/09/01(土)

リニューアル後のクアラルンプール国際空港(KLIA)マレーシア航空ゴールデンラウンジサテライトに初潜入!

2018/03/15(木)

SFC修行5-②バンコク散策 格安マッサージ「THE TOUCH(タッチ)」と一軒家レストラン「TUMMY YUMMY(タミーヤミー)」

2018/03/22(木)

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください