JGC修行3-①【成田⇒バンコク】JALビジネスクラス スカイスイート搭乗記




JGC修行でビジネスクラスのJAL SKY SUITE(JALスカイスイート)シートを利用。窓側席はSKY SUITEⅢより個室感たっぷり。

JGC修行3回目。

成田からバンコクへ行ってきました。

SFC修行で一度行ったバンコク。ご飯はおいしいし、みんな笑顔で心がほっこり。

もう一度行きたくて、場所ありきで航空券を購入しました。

今回のシートはビジネスクラス、JAL SKY SUITE(スカイスイート)。

窓側のお席でも、自分専用通路があって、全席通路へアクセス可能。

最前列ではない窓側席の、「隣の人に気を遣うからお手洗いに行きづらい」気持ちを完全に払しょくできる、めちゃくちゃ良いシートでした!

ルートと運賃

JALのスペシャル運賃でビジネスクラスを発券しました。

時々、期間限定でセールやスペシャル運賃を発表するので、要チェックですね。

今回は結構高めのお値段です。

成田⇒バンコク ビジネスクラス 予約クラスX 積算率125%

174,920円(往復) 5,779FOP(片道分) FOP単価15.1円

詳細はこちら

JALバンコク線スペシャル運賃、ビジネスクラスで156,000円。2018年JGC修行用に発券しました。

2018/08/13(月)

JAL SKY SUITEシートの窓側席は個室感がすごい

今回9Kのシート。

いたって普通に見えますが。

窓側席なのに、通路側のお席なんです!

窓側席でも、自分専用の細い通路があります。

JAL HPより

通路側から写真を撮りましたが、うまくできませんでした。

写真左手前の台の後ろが窓側専用通路です。

シートベルトサインが消えると、隣席とのパーテーションを上げることができます。

指が入っていますが、これが専用通路。

すごく細いので、体重100キロを超えていたら通れないかも?!

モニターも23インチと大きいです。

タッチパネルのリモコンがあり。

リクライニングのボタン。

もちろんフルフラットにすることができました。

ユニバーサルのコンセントと、USBポートもあります。

ちなみに、シートベルトサインが消えた後、隣席とのパーテーションを上げると、こんな感じです。

リクライニングを倒していると、通路を通る人の顔も見えません。

パーテーションを上げたとたん、個室感が半端なかったです!

進化したSKY SUITEⅢより、好きなシートになりました。足元も広々。

ポイントは、圧倒的な個室感と通路アクセスです!

機内食

ビジネスクラスの楽しみのひとつ、機内食。

まずは、シャンパン。

普段はほぼ泡は飲みませんが、スパークリングではなくシャンパーニュですから、つい飲んでしまいます。

前菜。メゾンカイザーのパンもおいしい。

メインはビーフ。

とても美味しかったです。

デザートはアイスだったような。

JALに何回か乗って思ったのは、JALはファーストドリンク以外はコールで呼んでねってスタンスのような気がします。

お料理・デザートを提供した後は人影なし。

ANAはドリンクのお替わりを頻繁に聞いてくれたり、声をかけやすいようにいつも歩き回ってくれているイメージです。

なんて思いながら、ちゃっかりうどんですかいも注文。

おいしかったぁ。

おわりに

到着前、プライオリティレーンの紙をもらいました。

最近紙が変わって新しくなったとのこと。

名前と便名を書く欄に不備があると通してもらえないんだとか。

スワンナプーム国際空港到着後、プレミアレーンで待つことなく入国。

渋滞がすごく、アソークまでは1時間半のロングドライブになりました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください