バリ島 天空の寺院『ランプヤン寺院』割れ門で写真を撮ってきた!行き方や服装など。




バリ島随一のパワースポット ランプヤン寺院

ランプヤン寺院とは

ランプヤン寺院は、標高1,175mのスラヤ山に点在している8つの寺院の総称

バリ島の東部にあり、太陽の神を祀ります。

バリ・ヒンドゥ教がバリ島に伝来する前に建てられた古いもので、バリ島の6大寺院の一つに数えられてるそうです。

「ランプ」は光、「ヤン」は バリ・ヒンドゥ教の火や光などを司る神様の名前です。

代表的な3つの寺院は、麓にあるプナタラン・アグン寺院、 中腹にあるランプヤン・マディヤ寺院 、頂上にあるランプヤン・ルフール寺院。

観光で行く場合は割れ門があるプナタラン・アグン寺院までがほとんどだと思います。

割れ門の間からは霊峰アグン山が見渡せ、その景色は圧巻。

天気がいい時に行きたいですね。

山の頂上のお寺までは徒歩1時間半~2時間ほどかかりますが、バイクタクシーで行くことも可能です。

ランプヤン寺院の行き方

ランプヤン寺院へ行く方法は2択です。

  • ツアーで行く
  • カーチャーターして行く

電車やバスなどの交通網は発達していないので、車で向かいます。

ウブドからランプヤン寺院へ

私は終日カーチャーターして向かいました。

ウブドのホテルからテガラランで棚田を少しだけ見てランプヤン寺院へ向けて出発。

高速道路はなく、ひたすら一般道を走ること2時間20分。

ようやく駐車場へ到着しました。

車に酔いやすい人は酔い止めを飲んでおいたほうが安心です。

駐車場から乗り合いバスに乗り換える

車を降りて、乗り合いのバスに乗り換えます。(タイのソンテウみたいな感じ)

乗車賃は10,000IDR/人。

ガイドさんとの二人分を払い出発。

さすが山道とあってものすごい勾配の上り坂です。しかもものすごくきついカーブ。

しっかりつかまっていないと落ちてしまいそうでした。

5分ほどで到着です。

お布施とサロンレンタル

乗り合いバスを降りた後は、小さな受付で名前を書き、お布施を払います。

お布施は気持ちですが10,000IDR/人以上。腰に布を巻くためサロンレンタルもこちら。サロンもひとつ10,000IDRです。

準備が整うと、ここからは徒歩で坂道を上ります。

トイレは有料です。

使用後はお水を汲んで流すタイプ。

道路には露店がありますので、ここで水分を確保しておくとよいと思います。

かなり急な坂道を5分くらい登ると、ようやくランプヤン寺院の入り口に到着です。

ランプヤン寺院に立ち入る前に聖水をかけてもらい、お清めしました。

いざランプヤン寺院へ

ランプヤン寺院には3つの階段があります。

真ん中の階段は神様の通り道なので通ることはできません。

一般の人は右側のみ、そして門の手前まで上がることができました。

上まで登ってからの景色。割れ門や目の前にアグン山を見ることができます。

割れ門をアップすると、ポーズを決めている2人。

さすが聖なる地。個人的にはここに立っている時が一番パワーを感じた瞬間でした。

割れ門で写真撮影

観光客にとってランプヤン寺院といえばこの割れ門

割れ門の間に立ち、写真を撮るための大行列が。

そこまで長くない列だから30分くらいかなと思いましたが、結局1時間並びました。

並んでいる間、サングラスと帽子は必須です。日傘でもいいかもしれません。

とにかく暑さとの戦いでした。(気温が高いため、私の携帯が熱くなって一時使用不能になったほど。)

写真は撮ってくれる人がいますので、ケータイとチップを渡して撮影を依頼します。

一人4ポーズ程度撮ってくれます。

海外の方はこんな風に☟次々とポーズを決めていました。

服装と持ち物

ランプヤン寺院に限りませんが、寺院に行くときは肌の露出を控えた服装にしましょう。

寺院に入るときはサロンが必要ですが、お布施の記帳をする時にレンタルすることができます。

ツアーなら用意してくれることが多いですね。

山頂の寺院まで行かれる方は、トレッキングの服装をして行ったほうがよいです。

持ち物はこれらがあると良いでしょう。

  • 帽子
  • サングラス
  • あれば日傘
  • 飲物(多めに)
  • 虫よけ(虫よけリングは汗で流れないのでオススメです)

割れ門で写真を撮る場合は、直射日光の中1時間以上並ぶケースもあるので、日焼け対策は十分に。

所要時間

所要時間:2時間(プナタラン・アグン寺院と割れ門のみ)

おわりに

聖なるアグン山の東側にそびえたつランプヤン寺院。

バリ有数のパワースポットです。

バリ・ヒンドゥ教の文化に触れながら、なんだか心がスーッと洗われるような、そんな場所でした。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

バリ島での滞在ホテルはこちら

【エレメント バイ ウェスティン バリ ウブド宿泊記】Element by Westin Bali Ubud

2019/01/07(月)

往路はこちら

JGC 修行4-① マレーシア航空A350-900【成田⇒クアラルンプール】ビジネスクラス王様シート搭乗記

2018/12/29(土)

JGC修行4-②マレーシア航空【クアラルンプール⇒デンパサール】ビジネスクラス搭乗

2019/01/04(金)




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください