SFC修行2-③ 【クアラルンプール⇒シンガポール⇒羽田】チャンギ~羽田まで




はじめに

SFC修行2回目の復路、クアラルンプールから羽田行きはシンガポールを経由します。はじめての飛行機乗り継ぎです。

実は私、修行僧定番の沖縄を経由していません。体力がないんです。

レンタルwifiはマレーシア用。シンガポールの乗り継ぎ1時間35分くらい携帯が使えなくても平気でしょ、余裕かましてました。

実際はハプニングだらけ。最初から最後まで、不安で波乱の搭乗になりました。

往路はこちら

SFC修行2-① 【羽田⇒クアラルンプール】 はじめてのビジネスクラス

2018/02/11(日)

復路前半のクアラルンプール⇒シンガポールの搭乗はこちら

SFC修行2-② 【クアラルンプール⇒シンガポール⇒羽田】クアラルンプール~チャンギまで

2018/02/16(金)

ルートと運賃

クアラルンプール⇒シンガポール マリンドエア エコノミー

シンガポール⇒羽田 ANA プレミアムエコノミー ←今回はここ 合計42,280円 PP単価 7.9円

今回の復路は、クアラルンプール発券の往路でもあります。海外発券、やはり安い!

チャンギ空港到着は羽田行き出発時間の25分前

チャンギ空港に到着しました。乗り継ぎ時間は25分しかありません。搭乗券なし(予約済み)、マレーシア用のwifiしか持っていないためネット接続なし。

そもそも乗り継ぎの流れや、搭乗口がどこなのか知りません。私が知っているのは、「ANAはターミナル2」これだけ

とにかく、ターミナル移動をしないといけない、スカイトレインに乗らなきゃ!

急ぎ足で向かいます。今思い返しても、どのターミナルに到着したのかは不明です。マリンドエアはターミナル3に到着するものとばかり思っていました。

スカイトレインに乗り、次のターミナルに停車、そこはなんとターミナル3。どういうことなのかわかりませんでした。こんなに時間がないときになんなんだ! 冷静にあたりを見回すと、ターミナル2行きのスカイトレインはとなり。(2から来たのかもしれませんが)

急いで乗り口に向かいました。

チャンギ空港を猛ダッシュ

スカイトレインを待っているとき、スーツケースを持った日本人がやってきました。

その人が「まずいな」とボソッと言ったのを聞き逃しませんでした。ははーん、このお兄さんも羽田行きだな、ピンときました。もちろん根拠なく。

ケータイも触っているし、搭乗口も知っているはず。このお兄さんについていくことに決めました。トレインの中では、じろじろ見るとあやしいので横目で確認。相当焦っています。

ターミナル2に着くと、お兄さんは猛ダッシュ! この時点で出発10分前です。

待ってくれ!とは言えず、急いで追いかけます。第1コーナーをお兄さんが曲がるのを確認。間は100Mくらい。大きい体でめちゃくちゃ早い。第2コーナーをお兄さんが曲がったことまで確認した後、姿が見えなくなってしまいました。

それでも、私が第2コーナーを曲がってしばらく走っていると、モニターで羽田行き搭乗口がEだと確認できました。お兄さん、ナイスアシスト!

しばらく直線コースです。チャンギ空港は広いと聞いていましたが、まさか走り去ることになろうとは思ってもみませんでした。広すぎて、走ったり競歩したりを繰り返しました。本当は、免税店を見たり、ラウンジに行ってみたりする予定だったなぁ。

オレンジ線のとおり、乗り継ぎカウンターまで走りました。端から端まで。

ANAで良かった、CAさんが待っててくれました

乗り継ぎカウンターに到着。息が切れています。

スタッフから、「Are you〇〇?」確認がありました。「イエス」と答えると、搭乗口に行けと言われました。「チケット持ってない」と言いましたが、「go go」と言われ、再び搭乗口方面へダッシュ。

すると、ANAのCAさんが待っていてくれました。名前を確認され、一緒に走りながら、「間に合いますよ、良かったですね」と声をかけてくれました。平面のエスカレーターを走っているときも、「足元お気をつけくださいね」と気遣いを。プロフェッショナルだなぁ、感動しました。日本の航空会社で良かった、ANAで良かった。

そのCAさんはこうも言いました。「人は間に合っても、荷物は乗り継ぎが間に合わない可能性があります」。この時から、なんならクアラルンプールからシンガポールに向かっているときから、ロストバゲージの心構えはうっすらできていました。

セーフかアウトか、飛行機に飛び乗りました。シンガポール⇒羽田 プレミアムエコノミー

CAさんのおかげで無事予定していた便に乗ることができました。修行僧のかた、たくさんいたと思います。遅れてすみませんでした。。

あわただしく乗ったのは、はじめてのプレミアムエコノミー

第一印象は、エコノミーより広いけど、そこまで広くないなと思いました。往路でビジネスに乗っているので、感覚が高飛車になってきているかもしれないです。

ほっとしたのと、疲れたのとで、機内食は何を食べたのか覚えていません。ビールを飲みながら、映画を見たことだけ覚えています。(何の映画を見たかは思い出せませんが)

羽田到着、予想していたロストバゲージ

羽田に到着。出発が遅れたため、到着も1時間ほど遅れました。

さて、私のスーツケースは出てくるか。プレミアムエコノミーだけど、最後に出てくることもあるかな、淡い期待を寄せていました。

結局、私のスーツケースは出てきませんでした。

うっすら予想していたロストバゲージ。突然の出来事ではないので、妙に冷静でした。任意の保険も入っているし、SPGアメックスもアメックスゴールドも持ってるし、きっと大丈夫。

カウンターのスタッフに手続きをしてもらい、税関を通り、到着フロアへ。ロストバゲージの場所が日本だったのが、不幸中の幸いです。日本語で話せるすばらしさ。対応も、もちろん丁寧でした。

ロストバゲージを経験、そのとき何をどうするか。対応からアメックスゴールドの補償まで

2018/03/05(月)

東京の2月。スーツケースの中にダウンコートを入れていましたので、私は春の装い。。寒い。

風邪ひくよりはマシだと思い、タクシーで帰宅しました。

初めての乗り継ぎは、ほろ苦いというより、激苦の忘れられない思い出になりました。

SFC修行2-③の教訓

  • 乗り継ぎがある場合は周遊wifiか、いろんな国で使えるSIMを用意する

 

クアラルンプールでの滞在はこちら

クアラルンプール定番SC、パビリオンの優待カード『ツーリストカード』は発行してますか?

2018/02/14(水)

ルネッサンスクアラルンプールホテル宿泊記 コスパ抜群のホテル!

2018/02/13(火)

パビリオン@クアラルンプールのマッサージ「オリエンタル・シグネチャー」の行き方。フロアガイドに載ってないので超穴場。

2018/09/01(土)

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください