SFC修行3-③ 私は現代の原始人!? 自分の情弱ぶりを思い知るトホホな旅 inシンガポール




はじめに

SFC修行3回目、シンガポールに行きました。一人旅デビューは昨年、海外修行は2回目です。海外旅行は何度も行っているし、英語が出来なくても何とかなっています。

でも今回はあまりにも、自分の情弱ぶりを痛感する滞在でした。それでも、今までもこれからも、海外に行くことが楽しみです!

情強(普通以上)の方は、こんな原始人もいるんだな、ふーんと思ってもらえれば。。。

海外はよく分からないからドメ専という方には、何も知らない人間も意気揚々と海外修行行っていますよ、ということをお伝えできたらいいなと思います。

往復の搭乗記はこちら。

SFC修行3-② 【シンガポール⇒成田】プレミアムエコノミー深夜便

2018/02/26(月)

SFC修行3-①【羽田⇒シンガポール】プレミアムエコノミーはやっぱり快適

2018/02/21(水)

海外simを購入しようとするも、設定できない

海外に行くとき、いつもはグローバルwifiを借りていたのですが、これって結構高いですよね。海外simだと安く済みそうだし、ルーターを持たないでいいから荷物も軽くなる。今回の修行から、海外simにチャレンジしようと決めました。

チャージ(top up)もできて使い勝手の良さそうなstarhub、ネットでさんざん調べたけど、プランは理解できません。

とりあえず、チャンギ空港のUOB銀行の両替所で買えるらしい、ということで向かいました。

よく分からないけど、32$のsimを選択しました。お姉さんが設定してくれるというのでケータイを渡します。そこで出てきた画面がこちら。よく分からないのでキャンセルボタンを押しました。

どうやら接続ができなかったようです。

もう一度simを抜き差しして、同じ画面。またキャンセルを押すと、「やはり設定できなかった」と言われ、「simフリーケータイを買ってきたら設定しますよ」と言われて、購入も設定もならず。

うそでしょ。今回、海外simを使う予定だったので、レンタルwifiはないんです。ネット接続できないなんて、考えられない!

私のケータイは、ドコモから格安simに変更していますが、ドコモ解約前にsimロック解除をしています。(していたつもりでした。)

チャンギ空港のwifiに接続できない

simはあきらめて、とりあえず空港のwifiに接続したい。インフォメーションセンターでパスワードをもらいました。

 

実は、公共のwifiに接続するためにパスワードが必要だということを知ったのは、シンガポールに来た当日でした。(行きのガイドブックで)。普段はレンタルwifiしかつなげないので、知らなかったのです。

結局、パスワードを入力する画面まで到着できず、ここでもネット接続を断念しました。。

ホテルのwifi接続の仕方が分からずスタッフのもとへ

配車アプリを利用していつもは移動しますが、ネット接続ができないのでタクシーでホテルまで移動。シンガポールのタクシーは清潔だしぼったくりもないし、こんな状況なので、ホッとしました。

ホテル到着、早速wifiをつなげたい。パスワードを入力することはわかっているのですが、入力画面にどうやってたどり着くのかが分かりませんでした。

家族に連絡をしたいのでここは諦めず、ロビーに行ってスタッフへお願いしました。

何をどういじったのかよくわかりませんでしたが、アンドロイドの私のケータイでは、ブラウザではなくクロームからログイン画面にたどり着いていました。メモメモ。

これでようやくネット接続!!

海外で一人、インターネットなしは現代だと考えられませんね。

修行の日は春節、お店の3/4が閉まっている

シンガポール行きを決めたのは2017年末。今まで、春節ムードが高まる海外には行ったことがありますが、ドンピシャの時期には行ったことがありませんでした。まさか重なるとは思っていなかったので、調べもしてなかった、、。

何が困るって、お店がほとんど閉まっていることです!

滞在したホテル、コートヤード・シンガポール・ノベナに併設されてるロイヤルスクエアは、オープンしているのは飲食店1軒のみでしたし、その隣のショッピングモール、ノベナスクエアではファストフードのチェーン(サブウェイ・スターバックス・バーガーキング)や2,3軒の飲食店しか空いていませんでした。

だから、空いてるレストランは激混み。

【コートヤード・シンガポール・ノベナ 宿泊記】築浅のデザイナーズホテル

2018/02/24(土)

 

オーチャードの高島屋も、地下のスーパーも閉まっていて、高級ブランドのお店がいくつか空いているくらいでした。

なんてこった・・・。

海外simをもう一度トライ、現地の人のやさしさに触れる

starhub simがどうしても諦めきれません。これがあれば、これからの海外修行もこのsim1枚で済むんです。

ノベナ駅のセブンイレブンで再びstarhub simの購入を希望しました。

スタッフのお兄さんが設定してくれるということでおまかせ。

再び、解除PINを求める画面が現れます。誕生日とか、0000、1234を入れてもダメ。

 

ここからお兄さんがかなり頑張ってくれました!

まず、「ケータイの設定を英語にしてほしい、そうしたら分かるよ」と言われ、英語設定に。どうしても解除PINの画面が出るので、これが何かが分からず誰かに電話してくれました。電話の受話器を渡され話すことに。。

「このケータイはどこで買ったの?」「契約は日本なの?」「simロック解除はしてあるの?」までは聞き取れ、つたない英語で話したのですが、その後はお手上げ。。

英語がよく分からず、お兄さんに受話器を返すのでした。、

 

おそらく他店舗のスタッフに連絡してくれたのだと思うのですが、そこまでしてくれて、なんだかすごくうれしかったです。

コンビニは一人で回しているので、お客さんが来たらレジで会計を行い、終わったら私のケータイをいじる。ずっとそれを繰り返してくれました。

日本人のお客さんが来たら、英語が話せるか聞いてくれました(笑)。通訳してもらおうということだったと思います。残念ながら英語を話せる人はいませんでしたが、やさしさにほっこり。

結局、試行錯誤の末どうにもならず、あきらめることにしましたが、これはシンガポールでしか買えないので、接続できなくても買って帰ることにしました。

帰り際、「thank you so much」と私が言うと、「お役に立てずごめんね」というような言葉が返ってきました。そんなあったかい言葉を言われると思っていなかったので、心がぽーっとあったかくなりました。

今回のシンガポールでの旅は、調べものができない不安が大きかったので、気持ちがどうも上がらない。むしろ沈んでいて、シンガポールの印象と、この沈んだ気持ちが結び付きそうでした。

でもお兄さんのおかげで、シンガポールっていいところじゃん!と、また来たいなという気持ちになりました。

 

復路チャンギ空港でwifi接続できず、SATSラウンジのwifiにつなげてもらいました

ホテルをチェックアウトしてから5時間、その間はもちろんネット接続ができませんでした。搭乗まで、wifiをつなげたい。

チャンギ空港到着、再びインフォメーションセンターでパスワードをゲットしました。

免税店も見て、SATSラウンジに落ち着き、いざ接続。クロームから入るとパスワード入力画面に行ける!もらったパスワードを入力します。

 

でも、接続できない。

 

音痴あるあるな気がします。その通りやっているのになぜかできないんです。

ラウンジの受付に行き、接続ができないことを伝えると、SATSラウンジのwifiに接続してくれました。ラウンジwifiがあったんですね!

6時間ぶりに、ケータイを使うことができました。

おわりに

今回の修行は、自分の情弱ぶりを思い知らされる旅となりました。

自分では、情強ではないけど普通くらいかな、と思っていたのでなんだかショックでしたが、情弱を認めることにします!

でも、こんなに何も分かっていない自分でも、十分海外楽しめるなぁと思いますし、新しいこと(自分なりに)にもチャレンジしたい、海外simだって諦めない!そう思っています。

(後日よく調べてみたら、ケータイはsimロック解除ができていませんでした。simロック解除した私の記憶は何なのだろう。。。)

次はクアラルンプール、思いっきり楽しみます☆

SFC修行3-③の教訓

  • ケータイのsimロック解除は絶対する(当たり前)
  • ネット接続が心配な人はレンタルwifi一択(でも私はsimをあきらめない)
  • 春節だけは時期をチェック

 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください