SFC修行5-①【羽田⇒バンコク】プレミアムエコノミー最前列のど真ん中席




はじめに

SFC修行5回目、バンコクに行ってきました。インター修行は今回が最後。2泊するのでゆっくり観光とマッサージ、ホテルステイを楽しむ予定です。

前回の修行はこちら

SFC修行4-②【クアラルンプール⇒羽田】2回目ビジネスクラス搭乗

2018/03/16(金)

SFC修行4-① 【羽田⇒シンガポール⇒クアラルンプール】ANAプレエコ深夜便&シンガポール航空エコノミー

2018/03/07(水)

ルートと運賃

羽田⇔バンコク ANA旅作 98,070円(往復)PP単価 10.4円

セールで安くなっていた旅作を購入。(一番安いホテルのプランを選び、ホテルはごめんなさいしました。)

チェックイン&ラウンジへ

今回は、いつもより30分以上早く羽田空港へ到着。保安検査場が全然混んでいませんでした。深夜便はたくさんありますから、やはり少し早く通過するのが良さそうです。

ただ、相変わらずラウンジは激混み。。

夕ご飯を食べていないので、食欲旺盛です。カレー、山菜そば、麻婆茄子、チキンのガーリックを食べました。おかず類はメニューが変わったようです。嬉しい!

麻婆茄子がとても美味しかったです、麻婆は差し置いて、茄子だからカロリー少ないはず!

ビールを飲みながらガイドブックを読み、携帯を充電。早く来過ぎたせいで暇になりウトウトしていました。

シートはプレエコ最前列のど真ん中席

今回ははじめてプレエコ最前列の真ん中席に座りました。15F。

旅作だったからか、購入時からお席の選択肢はありませんでした。最前列は足元が広くてお手洗いにも立ちやすいから嬉しいけど、左右人に挟まれている席。正直どうなんだろうと思っていましたが、意外や意外、悪くない。

前に席がないので圧迫感はないし、お隣も特に気にならない。(深夜便でほぼ寝ていたからもあるかもしれません。)

自分的には、プレエコ2列目、3列目の通路側のお席(気兼ねなく通路に立てるので、窓側より良いと思っている。)と同じくらい良かったです。

以前真ん中席の2列目に座ったことがありましたが、これは圧迫感がすごかったです。左右に人がいても、その時とは別物でした。

機内食は和食 紅鮭の彩りご飯

前回クアラルンプールに行った時と全くおなじ朝食。寝起きで食べたのがこちら。

サラダはカチンコチンでした。

スワンナプーム国際空港到着

朝5時半過ぎにバンコクに到着。ついに海外sim(StarHub)デビュー出来ました。wifiルーターを持ち運ばなくて良いのはラクです。帰国後の返却が地味にめんどくさいので、それも解決です。

スーツケースを受け取る前に、お手洗いで歯磨きと日焼け止めクリームを塗ります。スーツケースを持って出口を出たら、両替→お水を買う→Uberを呼ぶ。これがインターのルーティンになりました。

補足

2018年3月末にUberが東南アジアから撤退したため、現在配車アプリサービスはGrabのみです。 

さいごに

左右に人に挟まれても、プレエコ最前列は快適でした。前からの圧迫感がないので狭さも感じません。

プレエコ最前列の良さを感じるのは、ど真ん中のお席以外で、ここ(15F)は論外だと思っていましたが、そんなことはなかったです。

両隣に人がいるくらいなら、2列目3列目なら通路側の方が良いと思っていましたが、最前列の真ん中席も今後候補席のひとつになりそうです。

SFC修行5-①の教訓

  • プレエコ最前列の真ん中席、前からの圧迫感がないのでかなり快適
  • 旅作はシートの選択肢が少ないかも?!

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください