ウブドでバリ伝統舞踊を鑑賞。グヌンサリのレゴンダンスはレベルが高くて必見!




バリ ウブドで伝統舞踊を鑑賞。土曜日のみ開催のグループ「グヌンサリ」はレベルが高くてオススメ。

バリ島では数多くのバリ舞踊を行なっているグループがあります。

その中のひとつ、「グヌンサリ」のレゴンダンスを観てきました。

踊りはキレキレで目力が強い!表現力がすごい!

思わず見入ってしまったほどで、期待以上でした。

バリ島に行ったらグヌンサリのレゴンダンスがオススメです!

グヌンサリとは

グヌンサリとは、バリ舞踊を行なっているダンスグループのひとつ。

結成は1926年とバリ島の中で最も歴史のあるグループのひとつで、日本でも公演経験があります。

この伝統あるグヌンサリは、バリ舞踊の中で1位2位を争う人気なんだとか。

公演はプリアタン宮殿にて、毎週土曜日のみ19:30から定期公演を行っています。

グヌンサリの会場・プリアグン・プリアタン宮殿に到着

私はカーチャーターをしてたので、ウブド散策の後に連れて行ってもらいました。

到着すると、入り口周辺にいるチケットを売っている人からチケットを買います。

値段は100,000IDR/人

開始30分前に到着すると、先に来ている人は4,5人くらい。

会場は屋外で、観客席にはプラスチックのイスが2列で並べてあります。

ダンスも観客と同じ高さで行うので、30分ほど前に来て前列のお席を確保できたのは正解でした。

イスに座るなり、飲み物を売っているお母さんが近づいてきました。ビンタンビールを買ったら、70,000IDRと超高かったです。

今回のバリ島旅行で購入したガイドブック3選

グヌンサリのみどころ

オープニングは迫力のあるガムランの演奏からスタートです。

ガムランの音色は力強くも心地いい。

演奏者はベテランの方々でした。

6種類の演目のダンスがあります。

  1. ペンデッド・ダンス
  2. バリス・ダンス
  3. クビャール・トロンポン
  4. レゴン・ラッセム・クラトン
  5. オレッグ・タムリリンガン
  6. バロン&ランダの踊り

歓迎の踊りからスタートです。

踊り手の表情や表現力はさすが!

体はしなやかに動き、体操選手以上の背中、腰の反り。

そして目力が強い!

目の演技・表現に惹きつけられました。

まばたきを全くしないんです、プロ意識にさらに吸い込まれました。

男性の踊り手もいます。

トロンポンという楽器を演奏しながら踊っていました。力強い!

見学時の注意点

 夜の講演で涼しいのですが蚊がいます。

虫よけスプレーや虫よけリングをしていくと良いと思います。

また、飲み物は売り子から買うと高いので、持って行ったほうが良いです。

グヌンサリの場所・行き方

グヌンサリが行われるプリアグン・プリアタン王宮は、ウブドの中心地から徒歩30分ほどの場所。

歩くのは大変な距離ですし、夜は真っまっくらなので、ウブド中心部からはバイクタクシーやタクシーで行くほうが良いです。

開催 毎週土曜日19:30~21:00前
場所 プリアタン王宮
住所  Peliatan Village,Ubud 80571 Bali
入場料 100,000IDR
電話 +62-361-976576
HP http://peliatan.com/gunungsari

 

まとめ

実はあまり期待していなかったバリ舞踊、グヌンサリ。

想像以上にレベルの高いパフォーマンスで、完全に見入ってしまいました。

土曜日のみの開催なので、土曜日の夜にバリに滞在される方はぜひ見て欲しいです!

バリ旅行の中で期待を上回ったNo.1でした。

 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください