ESTA申請で7,400円の請求! 代行会社に注意!




はじめに

ハワイ旅行のため、はじめてESTA(エスタ)申請をしました。

英語での申請方法を解説しているブログを見ながら、難なく申請が完了。

4泊6日のハワイ旅行を楽しんだ後、クレジットカードの明細を見ると「ESTA 7,400円」の文字が。。。

ウソでしょ? 間違いでしょ?! と思い、ネットで検索。

すると、その時はじめてESTA申請の代行会社の存在を知りました。

それと同時に、私は代行会社から申請してしまったことに気づきました。

ESTA申請は本来ならば14ドルで済むところ、7,400円・・・。

申請される方、ぜひお気を付けくださいませ。注意点をまとめてみました。

ESTA(エスタ)とは

平成21年1月から、アメリカ合衆国への入国制度が変更されています。

テロ防止などの理由で、短期滞在のビザ(認証)を免除している国々を対象に、電子渡航システム「ESTA(エスタ)」の認証が義務化されました。

日本人は、観光やビジネスなど、90日以内の短期滞在でアメリカに行く場合、ビザなしで行くことができます。

そのような場合でも、事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の認証を受けることが義務づけられています。

事前にESTA(エスタ)の認証を行けていなければ、アメリカへの入国はおろか、飛行機の搭乗までも拒否されてしまいますのでご注意ください。

 

米国大使館のESTA(エスタ)のHPから申請すると、料金は一人14ドル

米国大使館・領事館のエスタHPから申請すると、料金は14ドルです。

米国大使館・領事館のエスタHPはこちら

こちらにはよくある質問など載っています。

ESTA(エスタ)申請は、渡航72時間前までに行う必要があります。

支払方法は、クレジットカードorデビットカード。

申請中、カード情報を入力し、決済するときは料金が「14ドル」と記載がありますのでご確認ください。

英語での入力が必要ですが、解説ブログがたくさんあります。

私のESTA(エスタ)申請、請求は7,400円なり。

私のESTA(エスタ)申請の請求された料金は、何と7,400円!

これはクレジットカードの明細です。高い!!

どうやら「ESTA ASIA」という代行会社から申請してしまったようです。

yahooからESTA(エスタ)申請を検索しましたが、上位のほとんどが代行会社。。

私はどれも同じだろうと、テキトーにクリックしてしまったのが始まりです。

(「公式ESTA ASIA」と記載があり、「公式」に安心してクリックしてしまいました。)

 

ESTA申請時に注意すること2つ

代行会社からの申請を防ぐために、自身でのESTA(エスタ)申請時に注意することが2つ

①URLに『.gov』が付いていることを確認

URLに『.gov』が入っていることを確認しましょう。

『.gov(ドットガブ)』はgovernmentの最初の三文字。

米国大使館・領事館のエスタHPはhttps://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

アメリカ合衆国の連邦政府と地方行政機関が使用しているドメインだそうです。

一般人は使えないんですって。もちろん代行会社のURLには付いていません。

②決済時に料金『14ドル』の表記があること

私がESTA ASIAでESTA申請したとき、クレジットカード情報を入力したあとの決済画面で、料金14ドルの表記がありませんでした。

料金が書いてなぁと思いながらも、14ドルで間違いないと思い込んでいましたので、それ以上は疑わなかったんです。

決済画面では、必ず『14ドル』の文字を確認しましょう。

おわりに

ESTA(エスタ)申請の代行会社なるものが存在していたとは、まったく知りませんでした。

私のパスポートは1年以内に更新する必要があるので、1年弱のESTA申請で7,400円。。(通常は2年有効です。)

高い勉強代になりました。みなさま、申請時は『.gov』『14ドル』の表記があるか注目してくださいね。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

〈甘いものよりお酒好き必見!〉初心者のハワイ(オアフ島)、4泊6日のスケジュール

2018/07/12(木)

忘れ物はない?女子の海外ビーチリゾート持ち物リスト!

2018/07/02(月)

旅のしおりがカンタンに作成できる『行程さん』が超便利!

2018/02/09(金)




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください