SFC修行5-⑤ 【バンコク⇒羽田】飛行機到着遅延で出発遅れ、5時間のディレイ




はじめに

SFC修行兼マリオットプラチナチャレンジでバンコクに2泊、いよいよインター修行もこれで終わり。

さみしいようなホッとしたような。でもまだ終わりではありません。まだまだ試練が待ち受けていました。これが本当の修行か?!

滞在ホテルはこちら

【バンコクマリオットホテルスクンビット宿泊記】立地よし、お風呂よし、朝食よし。

2018/03/30(金)

【JWマリオットホテルバンコク宿泊記】ホスピタリティが高く、お気に入りのホテルになりました

2018/03/21(水)

往路はこちら

SFC修行5-①【羽田⇒バンコク】プレミアムエコノミー最前列のど真ん中席

2018/03/19(月)

ルートと運賃

羽田⇔バンコク ANA旅作 98,070円(往復)PP単価 10.4円

セールで安くなっていた旅作を購入しました。

飛行機到着遅れで出発時間変更

飛行機の出発は10:25、渋滞を見込んでホテルを6時過ぎに出ようと4時半に起きました。気の向いた時しか見ないメールを見ると、「飛行機の到着遅れのため、出発時間を変更します」というメールがちょうど来ています。

うそでしょ?!このメールを信じていいのか。。ANAのサイトで便名を入力したら、本当でした。出発は15:20

ツイッターを見ていたら、どなたかのやり取りで、「遅延補償」の文字が。あれ?今回はアメックスゴールドの遅延補償が該当する?まさか??

 

でも事前に案内のメールが来ているし、例外とかないかな、とソワソワ。ツイッターに質問したら、ご丁寧に回答をもらい、補償を受けられることを確信。4時間以上飛行機が遅延すると、お食事代を最大2万円まで補償ってやつですね。

新しい時間だと羽田到着は22:50、明日の仕事に響くけど、ご飯をタダで食べられるのはちょっと嬉しい。のんきに考えていました。空港のお店は強気の空港価格で高いから助かります。

渋滞を見込んでホテルを早めに出発したら、30分でスワンナプーム国際空港に到着

Uberを呼んだら、前日にワット・ポーまで連れて行ってくれたドライバーと同じ人でした。なんて偶然。出発ホテルは違うのに、、こんなこともあるんですね。

タイのUberは安全運転です。クアラルンプールとは全然違います。

補足

2018年3月末にUberが東南アジアから撤退したため、現在配車アプリサービスはGrabのみです。 

空港に到着したのは10:30。渋滞が全くなく、30分で到着してしまいました。出発時間の5時間前・・・。

さてどうするか、チェックインは3時間前からだし、とりあえずスーツケースを預けて3階のレストランに行こうと決めました。

スワンナプーム国際空港4階出発ロビーでスーツケースを預ける

ネットで荷物を預けるところがないかと探すと、どうやら出発ロビーにあるようです。

そして歩いていると、LEFT LUGGAGEの文字を発見。PとQカウンターの後ろくらいにあります。現金20Bしか持っていなかったのでクレジットカードを出すと、やはり現金のみらしい。両替してから来てねと言われました。

大きさによって値段は変わりますが、私のお大きなスーツケースは1日150B。パスポートの提示が必要です。

日本語で「アトバライ」と「カワイイ」を言ってもらい、すぐ両替をして戻ったら、再度「アトバライ」と強めに言われてすぐ退散しました。

空港3階のレストラン街「TATE CAFE」へ

最後はタイ料理を食べたいと思い、ここにしました。飛行機の遅延補償で最大2万円使えるのですが、一人でそんなに使える高いお店は空港にはなかったです。

レストランでは、パッタイとトムヤムクン、シンハービールを注文。

期待していなかったけど、かなりおいしい!辛いのは苦手だけど、トムヤムクンは好みの味。パッタイもとてもおいしかったです。

大人げなくトムヤムクンを白い服に飛ばし、拭きとる姿が必死過ぎたのか店員さんが笑っていました。それもまた良し!

空港価格で街中よりは高め、日本と同じくらいだけど、お腹が空いていたりバーツの消費にピッタリのお店です。

2時間前にチェックイン

荷物をピックアップしてようやくチェックイン。遅延証明をくださいと言うと、あとでくれるとのこと。レストランの350Bクーポンをもらいましたが、ついさっきまでたらふく食べていたのでおなかいっぱい。

それより携帯を充電したくて、タイ航空のロイヤルシルクラウンジへ行きました。

広くてびっくり!

しかもだいたいソファ席。コンセントのそばに座ります。お腹いっぱいだけど、ビールは別腹。シンハーと炭酸水。

搭乗時刻10分前に搭乗ゲートへ。搭乗ゲート付近で遅延証明書をもらいました。搭乗開始時間を過ぎても搭乗できません。羽田への到着が遅くなることに不安を感じながら待っていました。

ようやく搭乗 NH848 プレエコ2列目通路側席

結局、15:40出発23:10到着で再度時間を変更。

出発したことにほっとしました。今回はプレエコ2列目の通路側、16Hのお席です。前に座っている方がそこまでリクライニングを倒さなかったので、圧迫感も少なく快適でした。通路側なので、気兼ねなくお手洗いに行けるのがうれしいです。

機内食はこちら。

そして食後しばらく映画を見ていると、デザートはいかがですかと、デザートをもらいました。

確かにプレエコはビジネスクラスで余ったデザートをもらうことができるんですよね。

よく考えてみると、インター修行で6レグはプレエコを乗っていますが、デザートをもらったのは初めてかもしれません。今回配られたタイミングは食後からしばらく経ったあとだったので、いつも寝ていたんだと思います。

デザートを食べたければ、食後も起きていないといけないですね!

羽田空港到着、飛行機遅延補償の紙をもらう

羽田への到着は23:15、スーツケースを取って出口を出たのは23:50でした。今回の飛行機遅延で、羽田空港からのバスやタクシー代を補償してくれるとのことで書類をもらいました。

バスのチケット売り場へ行くと、23:40発のバスの次は24:20発・・・。翌日は何食わぬ顔で仕事に行かなければならないのに、体力的にしんどかったです。

さいごに

今回は、はじめて飛行機遅延を経験しました。よくよく考えてみたら、もう少し早い他の便に振り替えるとか、もう少し選択肢はあったように思います。この時は、ただ素直に遅延を受け入れていました(笑)。

ただ、週末休みのサラリーマンが土日休みと有休で修行しているため、必然的に翌日は仕事になります。このスケジュールで深夜に家に到着するのは本当にきつかった。翌日の仕事は稼働効率が悪かったです。

ある意味「修行」という言葉にぴったりな復路になりました。これにてインター修業終わり!

SFC修行5-⑤の教訓

  • プレエコでデザートを食べたかったら食後の眠気に勝つ
  • 深夜に日本に到着すると、体力的にキツイ

【航空便の出航遅延】アメックスゴールド(SPGアメックス)で補償を受けた話

2018/04/15(日)

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください